キャラバンコーヒーは、ユニマットの傘下です。キャラバンコーヒーのお店や通販を見ますが、会社名はユニマットキャラバン株式会社なんですね。キャラバンコーヒーの歴史をみると、2006年に社名をユニマットキャラバン株式会社に変更しています。

 

キャラバンコーヒーは、横浜から始まったコーヒーの老舗。

ユニマットは、オフィスコーヒーの会社なんですよ。ですから、扱っているのは主に業務用のコーヒーなんですね。

 

2006年にキャラバンコーヒー株式会社と株式会社ユニマットリレーションが合併してユニマットキャラバン株式会社になったんです。合併には、業務用だけじゃなく、コーヒーショップや通販などでシェアを広げる狙いがあったのでしょうか。

 

ですが、現在ユニマットキャラバン株式会社で手掛けているのは、コーヒーショップとコーヒーや紅茶の通販です。ユニマットキャラバンのホームページをみると、キャラバンコーヒーと可否茶館の二つのページになっています。

 

良く見ると、両方とも似たような商品を扱っています。

 

キャラバンコーヒーのページでは、

◎キャラバンコーヒーで扱っている商品の紹介

◎紅茶「ニナス」の紹介

◎直営店舗の紹介

◎キャラバンコーヒーの歴史

 

こんな構成になっていています。

キャラバンコーヒーは、主に、東京、神奈川、千葉の関東圏を中心にしたショップと通販になっていています。

 

一方、可否茶館のホームページは、

◎オリジナルブレンドコーヒー

◎ドリップコーヒー

◎ギフト

このような構成になっていて、小樽や札幌を中心にしたコーヒーの専門店と通販になっています。

 

両者とも地域が違っているくらいで、ユニマットキャラバン株式会社では似たような商品を販売しているように感じます。ユニマットキャラバン株式会社の拡大という点では、効果があるかもしれませんね。

 

どちらも、コーヒーの専門店の味ですので、キャラバンコーヒーの可否茶館も美味しいコーヒーが頂けます。キャラバンコーヒーや可否茶館と、あなたの好みに合わせて選んでみるのもいいですよね。


 
▼ 公式サイトはこちら ▼
カテゴリー : キャラバンコーヒーのマメ知識